Excelのリボンの表示を小さくする方法、非表示にする方法

Excelのリボンの表示を小さくする方法、非表示にする方法

Excelのリボンの表示を小さくする方法、非表示にする方法を解説します。

Excelのリボンの表示を小さくする方法

Excelのリボン上の「ファイル」以外のタブをダブルクリックすることで、リボンの部分が隠れて画面を広く使えるようになります。

Excelのリボンの表示を小さくする方法

リボンの表示が小さくなった状態。

Excelのリボンの表示を小さくする方法

タブをクリックすることで、一時的に表示させることができます。

この設定を解除したい場合は再度「ファイル」以外のタブをダブルクリックすることで元に戻ります。

Excelのリボンを非表示にする方法

上記の方法だとリボンのタブのみ残りますが、完全に非表示にしたい場合の方法です。

完全に非表示にしたい場合、右上にある「リボンの表示オプション」のアイコンをクリックするとメニューが表示されるので、「リボンを自動的に非表示にする」を選択します。

Excelのリボンを非表示にする方法

選択するとメニューがなども含めリボンが完全に非表示となります。

Excelのリボンを非表示にする方法

解除したい場合は「リボンの表示オプション」のアイコンをクリックしてメニューから「タブの表示」もしくは「タブとコマンドの表示」を選択することで元に戻すことができます。

Excelのリボンを非表示にする方法